各施設紹介

ページの先頭へ

施設入所支援施設 リアン文京

image
施設長
山内 哲也
住所
東京都文京区小日向2-16-15
TEL
03-5940-2822
FAX
03-5940-2823
E-mail
lien@train.ocn.ne.jp
ホームページ
 
「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」という法人の理念を実践しています。
 この法人の理念の理解と実現を、武蔵野会の根本的な使命として、支援を必要とする人たちに適切な支援を行うこと、また、事業所のある地域のみならず、社会全般における福祉の発展・充実に向けて率先して行動し、人が共に生きる社会づくりに貢献することを基本方針としています。
 温かい眼差し、明るい笑顔、優しい手、穏やかな態度で、安心・安全・満足による確かな信頼を築くために自分自身を理解し、啓発し、対等平等な立場で共にある存在を願って、法人理念を実践し、「全ての人が かがやき きらめき きらめき いきいきする 絆社会の実現」を目指します。
ページの先頭へ

施設概要                              文京福祉センター・パンフレット

設置目的
障害者総合支援法第5条第2項に規定する居宅介護、同条第3項の重度訪問看護、同条第4項の動向援護、同条第5項の行動援護、同条第7項の生活介護、同条第8項の短期入所、同条第10条の施設入所支援、同条第12項の自立訓練、同条第14条の就労継続支援、同条第16項の相談支援、同法第77条第1項に規定する地域生活支援事業、児童福祉法第6条の2の2第4項に規定する放課後等デイサービス、及び文京区が委託する同法第6条の3第3項の子育て短期支援事業、及び区受託事業「文京福祉センター江戸川橋」(指定管理者)を文京総合福祉センター内で武蔵野会が運営をしています。
設立年月日
2015年(平成27年) 4月1日
設置主体
社会福祉法人武蔵野会 
定員
40名 (短期入所10名)
土地の状況
借地・建物賃貸 敷地面積 8,022.81uのうち 4,377.59u
建物状況
建物延べ面積  4,337.59u
 ・1階 Cafe BUNBUN、活動室(4)、事務室 
 ・2階 生活ユニット結(ゆい)、生活ユニット和(なごみ)、地域活動支援センター、
  相談室、機能訓練室、多目的室、活動室
 ・3階 生活ユニット絆(きずな)、生活ユニット連(れん)、放課後等デイサービス
  「びおら」、短期入所ユニット気楽(きらく)、こどもショートステイ、
  子育て広場江戸川橋
 ・4階 地域活動室(3)、視聴覚室、多目的室、料理教室、学習室、トレーニングルーム、
  リフレッシュルーム、健康相談室、浴室(男・女)
居室の状況
10人の生活ユニットが4つ、全室個室  

ページの先頭へ

ページの先頭へ

支援内容              リアン文京・パンフレット

支援方針

image 法人の理念である「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」に基づいて、利用者一人ひとりが持つ個別のニーズにきめ細かく対応すると共に、ご本人の意思を尊重し経験や社会体験を通してより豊かな生活を目指します。
 1.親切なサービスを(Hospitality)、誰にでも隔てなく(Open)、迅速に(Speedy)、時機を得て(Timely)、HOSTでおもてなし 
 2.福祉の街づくりに貢献 3.都市型複合施設の総合的機能を発揮 4.多世代間交流
 5.共生的互恵的コミュニティ 6.多様な社会参加・雇用形態の場の創出
 7.障害者アートなどの発信 8.地域防災機能の推進
 以上、8つのコンセプトを掲げ、絆社会の実現を目指します。

支援状況

image 利用者一人ひとりに生きがいのある、その人らしい生活と安心、満足のある暮らしを実現できるように支援します。
■生活 
  毎日の生活に「活気と潤い」のを持ち、一人ひとりが充実した生活が送れるよう支援します。また、日々の支援については個別の支援計画を作成し、支援計画に沿った支援に取り組みます。
■食事 
  利用者にとって楽しみとなるような食事を提供するために、給食業務委託業者と連携を図り、毎月行われる給食献立会議等では、利用者の意向を反映した献立となるよう積極的に取り組みます。また、利用者の状態に合わせ特別食、治療食を提供すると共に、選択食、行事食等の充実に向けた検討も行います。特に必要な利用者については、医師および看護師、栄養師による摂食・栄養指導を行います。
■入浴 
 利用者の年齢や健康状態に合わせ、心身がリラックスできるよう心がけています。
■健康管理
 利用者の疾病予防、身体機能の現状維持向上の他、更に異常時の迅速な対応に努めています。
■日中活動 生活介護事業の一環として利用者の日中活動に力を注いでいきます。

地域交流

image文京総合福祉センターの1F、カフェBUN BUN 。お食事、飲み物を提供するだけでなく、表現の場としてのギャラリー展や地域イベントの開催等、地域のコミュニティの場として縁を広げることを目的とした障害者が働くコミュニティカフェです。 

その他

ページの先頭へ